委嘱初演「笑顔はどれだけあってもいい」 について⑤

 アンセム・プロジェクトから生まれたこの曲には、そのほかにもう一つ私の思い、伝えたいメッセージがあります。


 私は、様々な方から「いつも元気で明るい」と思われていますが、「いつも」なんてことはないんですよ(笑)。もちろん基本的には明るいですが、やはり、落ち込みますよ(笑)。ここでは具体的な落ち込みエピソードは書きませんが、正直なところ、家族や自分自身に当たってしまうこともありました。ゴメンナサイ。でも、そんな私を認めてくれて、いつも笑顔をくれて、何度も助けられました。自分の落ち込みモードを態度で示すのではなくて、自分から笑顔を作れば、そのうち気分は上昇することも分かりました。


 私は、目の前にいる人、周りにいる人、関わってきた人が落ち込んでいたら、もし可能なら、(私の勝手かもしれませんが、)元気になってほしいなと思います。音楽を一緒にやってきた仲間たちの中にも、そういう(そうなってしまう)人がいます。私は、基本的には、暗い人や落ち込んでいる人と一緒にいたいとは思いませんし、そう思う人は、あまりいないとも思います。


 もしそんな人がいたら、私がもらった笑顔を分ければいいのだ!


 笑顔って、たくさんあって困ることは、恐らくないと思います!

そう思って、曲を作りました!

 

 今日はここまで、それでは失礼いたします!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 by Kentaro Shuto

Call

077-576-8539