• 首藤健太郎

新作初演 余呉の羽衣伝説 制作日記 その001

最終更新: 3月17日


 こんにちは!

 みなさまおひさしぶりの投稿となってしまいましたが、年末年始は演奏の本番やら、作曲・編曲、音源制作等でバタバタしておりました(今もですが笑)。

 さて、今年(来年度)の4月27、28に 近江の春琵琶湖クラシック音楽祭 が開催されます!

https://festival.biwako-hall.or.jp/2019/

その関連イベントとして、米原市民交流プラザ(ルッチプラザ) 

http://www.city.maibara.lg.jp/soshiki/kyoiku/plaza/index.html

で、4/20(土)に

近江民話ものがたり&日本のうた 

と題しました、イベントが行われます。

このイベントで、拙作「余呉の羽衣伝説」が初演されることになりました!

滋賀県に移ってから1年経ちましたが、このようなお仕事を仰せつかるのは大変うれしいことです。

イベントのチラシですが、以下をご覧くださいませ!

 ということで、断続的になると思いますが、制作日記を投稿していきたいと思います!

 さて、いわゆる羽衣伝説は、全国各地にあるそうですが、余呉湖が舞台ということで、昨日は余呉湖に行ってまいりました。

こちらは余呉湖の北側からの一枚です。

こちらは天女の像。

物語の中に出てくる、天女が羽衣を掛けたとされる木ですが、2017年の台風で倒れてしまったとのこと・・・。

 今は季節は冬ということで、ワカサギ釣りの方々がたくさんいらっしゃいました!

 物語ということで、具体的なテキストについて、加えて、編成について、どのように作曲しているかなども? は次回以降の制作日記でお話ししたいと思います!

 それではまた!


最新記事

すべて表示

混声合唱とピアノのためのソナタ第2番 について⑦第4楽章について

こんにちは! 本城先生率いるパナソニック合唱団さん委嘱作品 混声合唱とピアノのためのソナタ第2番 について、前回の⑥では、第3楽章についてお話をしてきました。 今回の⑦では、第4楽章について少しずつお話ししていきます。 第4楽章はジーグとロンドの掛け合わせです。 まずジーグからお話しします。 ジーグまたはジグやギグ(gig 英、gigue 仏、giga 伊)は、フランス語で「踊る・はねまわる」とい

© 2020 by Kentaro Shuto

Call

077-576-8539